田口城跡
地図にも掲載されていませんが、越前と美濃の国境にあった城跡です。
板取村史とかをで調べればまだ色々な情報が出てくるかも知れませんが、取り敢えずはこの案内にてご容赦ください。


実際は余り大きなお城では無く、砦より少し大きいくらいのお城です。
石垣が無ければ見逃してしまいそうな感じです。
場所は板取川温泉の向こう岸少し下流の地点です。







少し上から眺めた風景です。お城にしては規模が小さいのですがここが田口城本丸で物見櫓や出城のようなものが、回りの山々に散在していたようです。
白山信仰が始まった頃から、白山詣のための街道として板取は発展してきた経緯があり、越前と美濃をつなぐ交通の要衝であり戦国時代は越前に朝倉氏、美濃には土岐氏→斉藤氏→織田信長と常に対立関係にあったのでここにお城があるのは必然と言えば必然です。



今となっては鬱蒼と雑草が茂る城跡ですが、まさに『夏草や強者どもが夢の跡』と言った感じです。近くにはキャンプ場もあり板取川温泉も橋を渡ればすぐそこです。板取川温泉に行った時にでも見に行ってください。
このお城の歴史について現在調査中です。調査が完了したらEnpediaにアップしますので楽しみにしていてください。